ホーム » 投資系副業

投資系副業」カテゴリーアーカイブ

かつて利用したことがあるFX業者の件

セブンインベスターズの7FX Mirror Traderのストラテジーですが、業界では有名となっているストラテジーなので、ネットでは良く見かけるでしょう。
実際に宣伝されている業者では、大手ではセブンインベスターズの7FXは有名でした。

また、どうしてストラテジーだけでこれだけ評価がされているのか?と言うと、それは「SP」による開発が行われているからです。
SPとは、システムプロバイダーの事なのですが、実際に取引を行ってくれる代理人のような存在です。
言い方を変えるのであれば、FXのベテランの方で専門的に代理の活動をされている人です。
今では業者の方も注目をしていて、このようなシステムトレード上で有益なストラテジー開発を、SPの方と混同で行うと言うのは珍しくもありません。
ストラテジーは開発専門の業者のものと、SPのものが有名なのでセブンインベスターズの7FX Mirror Traderも有名となっていたのです。

セブンインベスターズの7FX Mirror Traderでは、「T-Score」が採用されていました。
市場環境への適応度と言うものがT-Scoreなのですが、T-Scoreが高いと言う事は「パフォーマンスの安定度」が高いということです。

今では、システムトレードで使われている殆どのストラテジーには、このようなT-Scoreが導入されています。
見た事がないと言う人は、「ストラテジーランキング」を業者が掲載していますので、そのままですが「週間ストラテジーランキング」と言うものを見るようにして、どのようなレーティングがされているかをチェックしてみましょう。

T-Scoreの評価元ですが、Tradency社となっております。
今では、FX業界で有名なので良く知られていることでしょう。
何よりも、セブンインベスターズの7FX Mirror Traderは、Tradency社が開発したプラットフォームなので、7FXの案内の際には必ずと言っても良いほど紹介されてくる開発元であったりしましたね。

人気の自動売買ソフトMT4ならFXトレード・フィナンシャルが良いかも

今ではグラフィックを一画面にしたものが、システムトレードでは主流になっています。
また、そのような画面構成では「字がつぶれて見えない」のではと思う人もいるでしょう。
ですが、昔と違って字そのものもきれいに表示できるようになっていますので、今の時代のシステムトレードは画面が小さくても問題ないのです。
実際にFXアプリのものまでありますからね。
また、そんなシステムトレードで特に人気なのが、FXトレード・フィナンシャルのFXTF MT4です。

FXトレード・フィナンシャルのFXTF MT4については、一画面構成になっているだけでなく、チャートを並べて表示できるようになっていますので、1画面で2つ以上のチャートを比較したり並べたりができるのです。
元の画面に戻すのもボタン1つなので、注文&チャートの変更が容易に行えると言うのが、FXトレード・フィナンシャルのFXTF MT4の魅力でしょうし、軽快に動くのには私も感動しました。

そしてFXトレード・フィナンシャルのFXTF MT4は「初心者向け」です。
次のようなメリットがあるので、無料で使いやすいシステムトレードを求めているのであれば、FXトレード・フィナンシャルのFXTF MT4で問題ないでしょう。

1.サクサク動く
何よりもFXトレード・フィナンシャルのFXTF MT4の魅力は、サクサク動くところにあるでしょう。
まず、チャートなどについては表示がしやすいように一画面で構成がされていますし、また、重くならないようにPCによっては若干カクカクになるようになっています。
これが滑らかな場合、いきなり停止する事もありますので、FXトレード・フィナンシャルのFXTF MT4のものはサービスが良いと言う結論になりました。

2.利用者が多い
利用者が多いので、実際にFXトレード・フィナンシャルのFXTF MT4が評価されているのがわかりやすく、また、操作についてもたったの2つの手順だけで可能です。

これは新鮮!オートFXの楽しい機能

FXトレード・フィナンシャルのオートFXには、自動売買の機能があります。
自動売買とは、自分が操作をしないでいたとしても勝手に売買をしてくれる機能です。
「それだと、大損をする危険性があるのでは?」と思ってしまいますが、FXトレード・フィナンシャルのオートFXは人が取引をしているのと変わりがありませんので、安全面についても問題がありません。

例えば、ストラテジーと呼ばれる戦略プログラムを利用する事で、個人の裁量トレードに近いトレードが行えます。
しかも、ストラテジーと言うものは業者で用意されていますので、用意する必要もありません。
そして、損失を減らしたいのであれば損益率の安定しているものをセレクトすれば良いだけなのです。
このようなプログラムまで用意しているので、FXトレード・フィナンシャルのオートFXは多くの人から評価されているだけでなく、明確な実績まで存在します。
もちろん、インストールにおいても面倒な手続きは不要です。

FXトレード・フィナンシャルのオートFXには、ストラテジーがあります。
また、一般のFX業者においてもFXトレード・フィナンシャルのオートFXのようにストラテジーは存在します。
ですが、どうしてこのようなとある業者のもののみが注目されているのか・・・と言うと、それは「プロが作っている」ストラテジーが、FXトレード・フィナンシャルのオートFXのものだからです。

わかりやすく言うと、ストラテジーには勝率と言うものがあります。
・・・なので、勝率が低いストラテジーばかりを取り揃えている業者もあるのです。
作るのは人・・・、なので勝率が高いもの・低いものがあるのは当然でしょう。

ですが、FXトレード・フィナンシャルのオートFXであれば、勝率の高いもののみが「最初からピックアップされている」ので、選ぶのも簡単。
後は、自分好みの通貨ペアでそのストラテジーがあるかどうか、だけとなっているのがFXトレード・フィナンシャルのオートFXの魅力ですね。

自動売買ツールと言えばひまわり証券

ひまわり証券のエコトレFXは無料です。
また、ひまわり証券のエコトレFXだけでなく、最近ではシステムトレードの無料というものが多いので、多くの人は「無料が標準」と思われているでしょう。
ですが、ひまわり証券のエコトレFXのように完全無料なのは、あらかじめ”利用料は無料”と言っているので、そちらには注意するようにしてください。
例えば、「今は無料」と言っているものは、つい最近まで有料だったシステムトレードツールです。
それでは、お客さんを呼び込みづらい・・・ので、今では無料としておき、人気が高くなってきた場合には有料に戻すと言う販売戦略を行っている業者もあります。

もう1つが、○○まで無料と言う成果型報酬をとっているシステムトレードツールです。
こちらは、売り上げの2割については、システム手数料として計上される・・・というものが多いので、何度利用しても無料ですが利益が出た場合には手数料が発生する仕組みになっています。

意外と多いものと思われていますが、業者によっては「切り替え対応」は少ないです。
切り替えと言うのは、元々自動売買でエントリーされるようになっているシステムトレードを、途中から手動に切り替えると言うものです。
基本的に、タイミングよくエントリーをすると言うのは難しいものですが、そんな時には、相場に「トレンドがわかりやすい通貨ペア」があったりします。
なので、手動操作をしたくなった人向けに、ひまわり証券のエコトレFXなどでは手動対応をできるようにしているのです。

このような対応がされていない場合には、一々、自分で再設定をして手動状態(マニュアル対応に切り替え)としてから、システムトレードを再開しないといけません。

ボタン1つで対応がきく、ひまわり証券のエコトレFXがこれだけ人気なのも、手間暇を考えると自然とわかってきますね。
また、元の自動売買にも素早くも戻せるので、トレンドが変化した場合には手動をやめると言うのも、ボタン1つで可能です。

おすすめFX口座のFXCMジャパン証券

FXCMジャパン証券のMT4 口座は、高機能チャートについても使用可能です。
また、今ではどこの業者であっても、この高機能チャートが導入されていますが、FXCMジャパン証券のMT4 口座であれば高機能なチャートだけでなく、それに習っての分析までもが可能となっています。
FXCMジャパン証券のMT4 口座のものは、他のものと差があるのか?と思った際には、こちらについて思い出して頂ければ幸いです。
また、主だったチャート機能として「バーチャート、ロウソク足、ラインチャート」などの3種類のチャートは容易に設定ができるようになっていますので、個人で調べ物をする際にはFXCMジャパン証券のMT4 口座は便利です。
簡単な設定(チェックなどを入れる)で表示がされるようになっていますので、グラフなどを動かしてみるとすぐに相場がわかってくるようにもなるでしょう。
また、移動平均、RSI、ボリンジャーバンドなどのチャートもあり、テクニカル指標についても40種類以上での利用が可能です。

MT4 口座に強みがあります

FXCMジャパン証券のMT4 口座と言うと、オリジナル要素が多いのが良いところです。
例えば、取引戦略を自分で考えるようになった場合、通貨ペアによって取引ルールを変えている・・・と言うトレーダーは多いです。
また、FXCMジャパン証券のMT4 口座の場合には、オリジナルルールだけでなく、オリジナル指標でも自分で作成したものが使用可能となっています。
MQL4 言語により管理がされていますので、使い方については非常にわかりやすくなっています。

知識がなかったとしても、簡単な設定については業者でも解説がされていますので、FXCMジャパン証券のMT4 口座を利用する際には、その点も考慮してあらかじめヘルプページや解説ページを見ておくようにしましょう。
そして、何よりも独自のテクニカル指標が作成可能なので、そちらを表示しながらのオリジナルルールでの取引までもが、FXCMジャパン証券のMT4 口座では可能となっています。

今では、FX業者のシステムと言うとVPSが特に注目されていますね。
と言うのも、FXCMジャパン証券のMT4 口座のように24時間で利用可能なものが、相次いで誕生している(サービス開始となっている)からです。
VPSとは、リモートコントロールをする事により、24時間で取引がされると言うものです。
リモートコントロールについては、最初に業者に申し込まないといけませんので、VPSを利用する場合には「VPSの申し込み」を行わないといけません。
面倒な点はこれだけです。

VPSを導入すると、最初に設定した範囲でリモートでトレードが行われますので、自動でトレードが進んでいくと言う点が大きなメリットでしょう。
また、眠っている時間であっても、プログラムの自動診断がありますので、望んでいるトレードが深夜であっても、電源OFFのままでトレードが行われるのです。
トレード終了後は、結果が通知されてくる仕組みなので、申し込み後に即座にトレードも可能で、その後は手間もかかりません。

すぐに使えてうれしいツールですね

FXCMジャパン証券のMT4 口座は、すぐに操作が出来るように自動化がされています。
また、ある程度でシステムトレードをやっていると、自分なりにカスタマイズをしたいと思うときもあるでしょう。
「あのチャートは要らない」とか、「あのデータについてはもっと小さな表示でもいい」と言う場合がそうなのですが、FXCMジャパン証券のMT4 口座については変更についても対応をしていますので、その場合には「MT4操作マニュアル」と言うものを見るようにして、操作手順を覚えましょう。

PDFなので、PDFを読み取れるリーダーと呼ばれるものが必要ですが、Adobe Readerというものをダウンロードし、インストールすればブラウザ上でも見る事が可能になります。
Adobe Readerについては無料なので、実質これらのサービスについては無料で利用が可能。
PDFについては、読み込みに時間がかかりますのでその点だけは注意しましょう。
他のページ(タブ画面)を展開するなどして、ブラウザが重い状態では開くのも遅くなります。